チョコレートドーナツ

f0197703_1201166.jpg

丸の内シネマクレールで上映中の「チョコレートドーナツ」を観て来ました。
<あらすじ>
1970年代の実話に基づいた映画です。同性愛者のカップルが、シャブ中の母親から見捨てられたダウン症の子供マルコを養子に迎えるために、様々な偏見と障害を乗り越えようと奮闘する物語。

同性愛者のカップルであるポールとルディは、マルコを養子にするためにあらゆる手段を使って何度も公判に臨みます。しかしその度に自分たちが同性愛者であることを槍玉に挙げられ、裁判での印象を悪くされてしまいます。マルコが気に入っている人形が女の子用の人形だと、それは同性愛のカップルと生活しているせいだとされ、ルディがドラッグクイーンのパフォーマーとして夜歌っていることが明るみに出れば、子供を育てる環境じゃないといわれたり、八方塞がりに。
f0197703_12381.jpg

母親役のルディの女性的なしなやかな立ち振る舞い、悲哀に満ちた表情が良いです。また、父親役のポールが裁判官に毅然と訴えるシーンにグっと来ました。

「なんで本当の問題について話さないんですか。この公判はマルコのためのです、今こうしてるとき、どこかの児童養護施設で(独り)座っている彼の、この先一生児童養護施設で過ごすことになる彼のね。
なぜなら、誰も彼のことを養子に迎えたくないから。誰も背が低くて、太ってて、頭にハンディキャップを抱えた子供なんて養子にしたくないから。この世界中で誰も彼を求めていないから、私たち以外はね。私たちは彼が欲しいんです。彼を愛してるんです。 彼の面倒を見るし、彼を教育します。彼の安全を守るし、いい人間になるように育てます。それこそ彼が与えられるに相応しいことじゃないんですか。 それこそすべての子供が与えられるに相応しいことじゃないんですか。」(英語で映画ドットコムより抜粋)
f0197703_1272971.jpg

結末としては残念な形になったけど、マルコと過ごした濃厚な時間は2人にとって重要なものだったと思う。一緒に居る時間ではなく、密度だと思いました。最後の3日間、マルコがどんな想いで街中を彷徨ったのか・・・想像するだに胸が締め付けられます。
by rrmat288 | 2014-06-09 12:08 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)