HALL OF FAMEの第2集とモーゼス・ディラードの69年作品

f0197703_20443099.jpg

アラバマ・マッスルショールズのフェイムスタジオのレア&未発表音源集の第2弾!
いきなり1曲目から、“UNKNOWN FEMALE”(無名女性)って、どんだけレア音源なのか(笑)
無名男性も含めて4曲無名の人が歌ってるけど、これがどれも良い出来。(だからCDに収められたのでしょうが・・)
f0197703_20484258.jpg

ブックレットには当時のスタジオの風景なんぞも・・・
f0197703_2049620.jpg

⑩のラルフ・ソウル・ジャクソンや⑳のオーティス・クレイ辺り、ガッツ溢れてて良いですがなー。


f0197703_20502448.jpg

そのフェイムスタジオでギターリストだった、モーゼス・ディラートが自己のバンドで発表した1969年作品。
韓国のビッグピンクというレーベルからの発売。アナログは稀少で、ウン十万というプレミアが付いているらしい。アンビリーバブルですな!
f0197703_2056321.jpg

この方がモーゼス・ディラート。サウスカロライナ州グリーンヴィルご出身。
f0197703_20585927.jpg

前半6曲はピーボ・ブライソンとビル・ウィルソン、デイラード本人をVoに軽快なソウル・ナンバーの数々。④のツボを押さえて、唄心のあるギターはほんまにソウルフルです。
後半5曲は、ソウルジャズのアプローチ。⑩のT-BONE STEAKのドロ臭い感じ、痺れますね。酒場で聴きたいです。
Commented by 和生久之助 at 2013-02-26 08:11 x
「岡山市北区」で本日最も【南部魂】なブログ記事でしょーねー。
Commented by rrmat288 at 2013-02-26 09:58
和生さん。お世話になりました。
Vo2もなかなかの聴き応えですねー。店でへヴィロテしています。
ちなみに、今日は蕎麦行く予定です。
by rrmat288 | 2013-02-25 21:13 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)