せんべろ探偵が行く/中島らも+小堀純

f0197703_17171031.jpg

中島らも+小堀純著の酔いどれ紀行。

ご承知のように、「せんべろ」とは、千円でベロベロになれる店という意味。
安くて気取らない、それでいてちょっと気の利いたものをつまめる。全国のそんなお店を探し求めて飲み歩いた対談形式のルポ。

この中で、岡山の成田屋天神町店が紹介されている。ここは本店からの暖簾分け1号店。成田屋の店名は、創業者が歌舞伎好きで、市川家の屋号に由来するという。

これを読みながら、チビリチビリと酒を舐めるのもまた一興です。

f0197703_17173085.jpg

Commented by maruhen9000 at 2013-02-09 21:35
らもさんかどうか忘れましたが、せんべろ紀行のような飲み歩きの単行本を昔買って読んだ覚えがあります。大阪の京橋とかよお出てきました。今は吉田類の酒場放浪記を見たりしてますが、あの人はええもん食べてますなぁ~
Commented by 斉藤 at 2013-02-10 00:05 x
この前の総編集中島らもとこの本を手に入れなければ・・・
Commented by rrmat288 at 2013-02-10 14:07
斉藤さん。お元気ですか?ぜひぜひ買ーてください!面白いですよ!
Commented by rrmat288 at 2013-02-10 14:11
maruhenさん。岡山は大阪のように、酒屋の角打ちやディープ酒場が少ない無いから残念です。京橋→新世界にまた遠征したいです!
Commented by ヘルタースケルトン at 2013-02-10 20:19 x
 1000円でベロベロ…。何件もハシゴしたい。
Commented by rrmat288 at 2013-02-10 22:24
ヘルターさん。
ですよ~4、5軒は回らんとー(笑)
by rrmat288 | 2013-02-09 17:18 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(6)